水虫の感染経路について

水虫は真菌が感染する事によって引き起こされる皮膚病の一つです。原因となっているのは白癬菌と呼ばれる菌ですが、勿論人の目に見えるという事は有りません。では目に見えない白癬菌はどのようにして人から人へ感染していくのでしょうか。水虫の感染経路として最も可能性が高いと考えても良いのがお風呂のマットです。白癬菌は体の表面に付着している垢などと一緒に床に落ちますが、そのままの状態で放置されても死滅してしまうという事はあまりありません。垢自体はからからに乾燥してしまったとしても、まだそこにある白癬菌は生きている状態です。そこに足を付着させると、その人の足に白癬菌が感染してしまいます。ただ白癬菌に感染されたらすぐに水虫になるという事ではありません。ここから今度は足の裏などが高温多湿の状態になり続ける必要があります。また1回白癬菌が付着しただけでは足りず、何度も何度も付着する必要があるので、その点を知っておく事が重要です。こうした白癬菌が付着した垢が最も落ちやすいのがお風呂上りで、肌がふやけている状態の時です。タオルでごしごしとこすったり、お風呂マットに足を載せたりするとそこに白癬菌が付着してしまうので十分気を付けなければいけません。また爪切りなどを介して感染する事もあるので、水虫の人とタオル、お風呂マット、爪切りを共用する事は避けるべきです。直接目で見る事が出来ない白癬菌ですが、水虫の感染経路を知っておけばそれ程過剰に心配する必要はありません。また家族で水虫の人がいる場合は既に自分の肌にも白癬菌が付着しているという事もあるので、出来るだけ乾燥させるという事が必要です。そうすれば家族全員が水虫になってしまうという事態も避ける事は可能です。

水虫感染に気付いたらするべきこと

水虫に感染してしまった場合、ほかの人に移してしまう可能性があるのは誰もが知っている事です。しかし、その時にするべきことを理解している人は意外と少ない物です。しっかりとした水虫への対応をすることにより、他人に移してしまうだけでなく、悪化を防ぐことが出来るでしょう。まず、水虫になった場合、あなたに家族がいて同居しているならば、洗濯物を別にする必要があります。水虫に感染した人の靴下などは、ほかの人の物と一緒に洗濯したとしても、しっかり日干しすれば大丈夫です。しかし、天候状態などによってその殺菌度合いは変わってきますから、安心できません。そして、今までの靴下の使用を中止して、5本指の靴下に変える事も重要です。また、同じスリッパを使用することも危険であるため、専用の物を用意することが大事です。次に、部屋の掃除をしましょう。清潔な空間にすることで、水虫菌の繁殖を抑えることが出来ます。そして、素足で床を歩かないことはもちろん、頻繁に足を洗うことも重要です。また、蒸れないタイプの靴の使用を心がけましょう。特に革靴は蒸れやすく、仕事で使用しなければならない人も多い、水虫になりやすい靴と言えます。仕事で革靴を履く人は、蒸れ対策が施された靴を用意すると共に、同じ靴を二日以上履かないようにしましょう。足の裏は汗をかきやすいポイントで、靴同じ靴を履き続けているとどんどん湿っていってしまうのです。また、自力で治療しようとせず、すぐに病院に行くことを忘れないようにしましょう。治療に時間をかけてしまうと、それだけ水虫の菌は広範囲に散らばることになります。そしてそれは、水虫の再発が起こりうる要因となってしまうのです。

水虫の治療薬は何を使うべき?

水虫は感染力がそれほど高くはないものの、気がついたら感染してしまっているということがしばしばある真菌感染症です。患者の足の皮膚から剥がれ落ちた角質層が足に付着している状態が長続きしたり、その状態で足が蒸れた状態が続いてしまったり、足に傷があったりすると感染が成立しやすくなります。一緒に生活している人が水虫を持っているとつい感染してしまうことが多く、共同浴場やプールなどの利用を介して感染することもしばしばあります。以前はその治療が困難でしたが、現在では適切な治療薬を用いることによって水虫の原因である白癬菌を根滅することができるようになっているため、積極的な治療への取り組みをしていけば完治できるようになっています。水虫の症状によってその治療薬を選ぶ必要があるものの、皮膚感染が起こっているだけの場合には外用薬を用いるのが最も良い選択です。長期的に使用しても副作用が生じにくいことがそのメリットであり、残らず白癬菌を殺す必要がある水虫治療においては最も有力な選択肢となります。外用薬として軟膏やクリーム剤など様々な剤形がありますが、患部への塗りやすさを重視して選ぶのが最も良い方法です。一方、爪水虫のように外用薬では直接塗布ができないような場合には外用薬ではなく内服薬を使用する必要があります。症状によって使い分けが必要であるということは留意しておかなければならないことでしょう。治療薬の選択に困った場合には皮膚科に相談してみるのが最も安全で確実な方法です。そうすることによって保険適用で治療薬を購入できることから、最終的には意思の判断を仰ぐのが良い手段であるということも念頭に置いておきましょう。

■水虫を治すにはまず皮膚を清潔にすることから
ケトコナゾールでこっそり治療